【ととけん】2021年8月問題

Q1.生殖巣が大きくなる産卵期は食用に適さないマガキは、「アルファベットのRのつかない月に食べるな」といわれます。ただし、イワガキは例外です。その最盛期の季節が付いたイワガキの別名を選びなさい。[2013年(第4回)3級(初級)から]

①春ガキ
②夏ガキ
③秋ガキ
④冬ガキ

A.答えを見る
Q2.赤身が人気の関東に対して関西は白身魚が好まれ、瀬戸内の夏場は白身天国といわれるほど魚種が豊富になります。瀬戸内の夏を代表する白身魚のうち誤りを選びなさい。[2014年(第5回)2級(中級)から]

①サワラ
②オコゼ
③マゴチ
④キジハタ

A.答えを見る
Q3.日本三大急潮のひとつ今治市の来島海峡には、夏の限られた時期にだけ現れる魚がいます。わずかな潮の変化で姿をくらますため掛かりにくく、市場では貴重な魚です。キジを思わせる紋様をまとったこの高級魚を選びなさい。[2015年(第6回)1級(初級)から]

①アコウ
②ハッカク
③メヌケ
④ヤマノカミ

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけん問題にチャレンジ
BACK NUMBER