【ととけん】2021年5月問題

Q1.赤みがかった白身は、脂がのりながらもさっぱりした食感で、旬の晩春から夏にかけての刺身はタイにもならぶ美味となります。幼魚のときには「ウリボウ」のニックネームを持つこの魚を選びなさい。[2020年(第11回)3級(初級)から]

①アジ
②イサキ
③トビウオ
④マゴチ

A.答えを見る
Q2.ヨーロッパでは元来この魚介を“デビルフィッシュ”(悪魔の魚)と呼んで忌み嫌いますが、近年欧米では需要が急増しています。日本の流通量の約半数が西アフリカ産のこの魚介を選びなさい。[2020年(第11回)2級(中級)から]

①イカ
②エビ
③タコ
④ナマズ

A.答えを見る
Q3.シーフードパラダイス、ハワイで広く愛される庶民の味“ポケ”は、あっさりした赤身を味わうハワイ風の刺身。一番人気は「アヒのしょうゆポケ」だそうです。日系移民が広めた延縄漁で戦後、漁獲量が飛躍的に増加したアヒの正体を選びなさい。[2020年(第11回)1級(上級)から]

①カジキ
②カツオ
③シイラ
④マグロ

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけん問題にチャレンジ
BACK NUMBER