【ととけん】2021年2月問題

Q1.語呂合わせによる記念日が多い水産物のなかで、海苔の記念日は収穫の最盛期に重なります。ちょうどこのころ出番が多くなる、海苔の日を選びなさい。[2020年(第11回)3級(初級)から]

①2月6日
②3月8日
③8月6日
④10月10日

A.答えを見る
Q2.もとは外来船のバラスト水に混ざって運び込まれた貝が、ここ20年のうちに増殖、そのおいしさから今や東京湾の名物となりました。大粒で肉厚、しかも二枚貝なのに砂抜きがほぼ不要という扱いやすいこの貝を選びなさい。[2020年(第11回)2級(中級)から]

①アカガイ
②アカニシ
③ホンビノスガイ
④ムラサキイガイ

A.答えを見る
Q3.2月最初の午の日、初午に稲荷神社に供える行事食です。おろした大根・人参と煎り大豆、鮭の頭といった、おせち料理や節分の残り物を酒かすと一緒に煮込んだ、栃木県の郷土食を選びなさい。[2020年(第11回)1級(上級)から]

①くぎ煮
②しもつかれ
③ぬか炊き
④へしこ

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけん問題にチャレンジ
BACK NUMBER