【ととけん】2021年10月問題

Q1. 漁師のあいだで、この雲があらわれるとイワシが大漁になると昔からいわれる“鰯雲”。地方によっては鱗雲、鯖雲とも呼ばれますが、これらの雲があらわれる季節を選びなさい。[2018年(第9回)3級(初級)から]

①春
②夏
③秋
④冬

A.答えを見る
Q2. 全国一の養殖ブランド魚の出荷量をほこる鹿児島県長島町には、この出世魚にあやかった「○○奨学金」というユニークな奨学金制度があります。回遊魚である○○の魚を選びなさい。[2019年(第10回)2級(中級)から]

①カツオ
②カンパチ
③ブリ
④マグロ

A.答えを見る
Q3. 全国主要漁港の2019年の水揚量では第3位ながら、水揚高(金額)では4年連続1位となりました。冷凍を主体にしたマグロ類が金額の54%、カツオが同44%を占める、この漁港を選びなさい。[2020年(第11回)1級(上級)から]

①銚子
②焼津
③福岡
④枕崎

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけん問題にチャレンジ
BACK NUMBER