【ととけん】2020年9月問題

Q1.秋からが漁期のボウゼを背開きにして酢でしめ、身に酢飯を詰め込んで上から押して仕上げる「ボウゼの姿寿司」。ハレの場の料理として県民になじみ深く、秋祭りのごちそうになる県を選びなさい。[2019年(第10回)3級(初級)から]

①徳島県
②香川県
③愛媛県
④高知県

A.答えを見る
Q2.魚は新鮮さを重視する食材ですが、なかには締めてから一定の時間をおいたほうが旨みが増すものもあります。締めてから旨みのピークを迎える時間を短い順に並べたとき、正しいものを選びなさい。[2017年(第8回)2級(中級)から]

短い→長い
①アジ→マグロ→マダラ
②アジ→マダラ→マグロ
③マグロ→アジ→マダラ
④マグロ→マダラ→アジ

A.答えを見る
Q3.福井県越前町のとある旅館には、期間限定の特別メニューがあります。炊きたてのコシヒカリにセイコガニ8杯をちりばめたぜいたくな丼、その名も“開高丼”。この特別メニューの提供期間を選びなさい。[2018年(第9回)1級(上級)から]

①9月1日~5月31日
②9月1日~6月30日
③11月6日~12月31日
④11月6日~3月20日

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけん問題にチャレンジ
BACK NUMBER