【ととけん】2020年6月問題

Q1.この魚に脂がのっておいしくなる梅雨時の6月から7月には、中性脂肪を減らす働きがある不飽和脂肪酸のEPAが春先に比べ約6倍になるといわれています。この魚を選びなさい。[2012年(第3回)3級(初級)から]

①イワシ
②イサキ
③カツオ
④ブリ

A.答えを見る
Q2.世界的には最も漁獲量の多いこのマグロは、日本では夏のマグロとして知られています。とくに春先から初夏にかけ、淡いピンク色の身にほど良い脂を蓄え、さっぱりした味わいが関西を中心に人気です。このマグロの種類を選びなさい。[2016年(第7回)2級(中級)から]

①キハダマグロ
②クロマグロ
③ビンナガマグロ
④メバチマグロ

A.答えを見る
Q3.近年関東では初夏の塩焼き魚として人気が高く、時季になるとスーパーの店頭でも目にするようになっています。伊豆諸島近海で獲れる日本固有種の魚を選びなさい。[2016年(第7回)1級(上級)から]

①クロムツ
②タカサゴ
③タカベ
④ハマフエフキ

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけん問題にチャレンジ
BACK NUMBER