【ととけん】2020年12月問題

Q1.正月といえばおせち料理。みなさんの家ではどんなごちそうを食べますか?華やかなタイやエビに比べるとちょっと地味ですが、「田作り」というある魚の素干しはおせちの定番。田作りの素材となる魚を選びなさい。[2020年(第11回)3級(初級)から]

①アユ
②イカナゴ
③カタクチイワシ
④ハゼ

A.答えを見る
Q2.魚のおいしさや高い価値を穀物にちなむ別名や言葉で表現することがあります。モミダネウシナイ(籾種失い)はアイナメのことですが、正月の餅(もち)を買えるほど高値という意味で「モチノウオ」といわれ、肝が美味な魚を選びなさい。[2020年(第11回)2級(中級)から]

①アンコウ
②カワハギ
③トラフグ
④マダラ

A.答えを見る
Q3.令和元年から2年にかけての冬、東京・豊洲市場で時季外れの魚が話題になりました。北陸で定置網に混獲され水揚げ、運ばれた豊洲で超高値でさばかれ、その多くが都内の高級寿司店に買われたという、この魚の正体を選びなさい。[2020年(第11回)1級(上級)から]

①カツオ
②クロソイ
③シマアジ
④マナガツオ

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけん問題にチャレンジ
BACK NUMBER