【ととけん】2020年11月問題

Q1.水族館でゆうゆうと泳ぐ姿やこわい映画が印象的かもしれません。でも実はこの魚介、全国で漁が行われています。フカヒレのほか、かまぼこやはんぺんなど加工食品の材料として使われるこの水産物を選びなさい。[2020年(第11回)3級(初級)から]

①ウツボ
②エイ
③クジラ
④サメ

A.答えを見る
Q2.令和元年となった昨年(2019年)11月に行われた皇位継承にともなう大嘗祭(だいじょうさい)には、儀式の供え物として全国47都道府県から、郷土色豊かな特産物が納入されました。三重県の供物(くもつ)を選びなさい。[2020年(第11回)2級(中級)から]

①シラス干し ワカサギ煮干し
②シロエビ(燻製(くんせい)) イナダの天日干し
③のしあわび 乾燥ヒジキ かつお節
④干しサバ 干しマグロ 乾燥ヒジキ

A.答えを見る
Q3.一夜干しが主流のこのカレイは、ほっそりした姿かたちから地方により笹や栗の葉に擬せられた名称を持ちます。産卵期前、お腹にピンクの卵が透ける晩秋から初冬の味の素晴らしさが食通を惹(ひ)きつける、このカレイを選びなさい。[2020年(第11回)]1級(上級)から]

①ババガレイ
②マツカワガレイ
③メイタガレイ
④ヤナギムシガレイ

A.答えを見る

▲ページトップへ

魚食応援バナー02
ととけん問題にチャレンジ
BACK NUMBER