<コロナ時代・輸入事業③>北米筋子、テク派遣に翻弄

2020年8月18日

 サケ・マスの卵から製造される塩蔵筋子は、その塩辛さや食の洋風化に伴う米飯消費のジリ貧などで、冷凍卵から国内で製造される味付け製品へと急速に需要を明け渡しつつある。事実、かつて1万トンに迫った北米での生産量は、最近では1300トン台まで落ち込み、[....]