[1117]日ロ漁業合同委員会第38回会議の結果、2022年日ロさけ・ます政府間協議について

2022年8月5日

 ■操業条件など妥結、政府間協議は開催見送り

 ロシア系サケ・マスについては、日ソ漁業協力協定および日ソ地先沖合漁業協定に基づき、「日本200海里水域」および「ロシア200海里水域」におけるわが国漁船の漁獲量などの操業条件に関して、毎年協議を行っています。

 「日本200海里水域分」については「日ロ漁業合同委員会」において、「ロシア200海里水域分」については「日ロ政府間協議」において協議を行っています。

 1.日ロ漁業合同委員会第38回会議の結果について

 今年4月11日から4月22日まで、ウェブ会議で「日ロ漁業合同委員会第38回会議」が開催され、2022年の日本200海里水域におけるわが国漁船によるロシア系サケ・マスの操業条件などについて実質的に妥結しました。署名などの手続は4月25日に実施しました。

(1)出席者

 日本側 :藤田水産庁資源管理部長

      外務省、水産庁、北海道庁、

      関係する漁業団体の関係者

 ロシア側:シマコフ露連邦漁業庁船団・港湾・

      国際協力局長

      外務省、連邦漁業庁などの関係者

(2)結果概要について

 2022年の日本200海里水域におけるわが国漁船によるロシア系サケ・マスの操業条件などについて協議が行われ、以下の内容で妥結しました。

 (1)漁獲量:2050トン(前年同)

(内訳)

・カラフトマス、ベニザケ、ギンザケ、マスノスケ 1550トン(前年同)

(ベニザケ、ギンザケ、マスノスケは3種合わせて一隻当たり1トン以内)

・シロザケ 500トン(前年同)

 (2)漁業協力費:2億円~3億13万円の範囲で漁獲実績に応じて決定することで一致しました(前年は2億6000万円~3億13万円の範囲で漁獲実績に応じて決定。実際の支払い額は2億6000万円。本年は、下限額を前年より6000万円引き下げ)

 (3)その他:2022年の漁業分野における科学技術協力計画の採択などを行いました。

 2.2022年日ロさけ・ます政府間協議について

 ロシア200海里水域において実施してきた引き網によるサケ・マスの試験的な操業について、本年の実施を見送ることとしました。このことに伴い、本年の「ロシア連邦の200海里水域における日本国の漁船によるロシア系さけ・ますの2022年における漁獲に関する日ロ政府間協議」は開催を見送ることとなりました。(水産庁国際課)