水経セミナー

スリ身情報(北海道産陸上スリ身生産[11月])/年間2万トン届かず

2015年1月6日

 8か月ぶりにスケソウスリ身が前年同月を上回ったものの、ホッケスリ身が依然低調で、全体ではマイナスが続いた。生産量の長期不振で在庫量も低く、出庫ペースは3割減が続いている。

 11月の生産量は、スケソウ1687トン、ホッケ50トンなど全体で1752トンで、スケソウは前年同月比5・0%増加したが、ホッケは82・5%減と相変わらず低調だった。ホッケは「あるだけマシ」な状況で、資源低下の中で鮮魚売りが優先されていることで、水揚げが著しく減った昨年は[….]

「北海道産陸上スリ身の生産推移」本紙参照