流通適正化法が成立、違法水産物排除へ

2020年12月7日

「水産流通適正化法」を全会一致で可決した参院本会議

 違法な水産物の流通を排除する水産流通適正化法(特定水産動植物等の国内流通の適正化等に関する法律)が4日、参院本会議で可決、成立した。対象水産物の流通には、適正に漁獲されたことを証明する番号の伝達、記録の作成・保存が義務付けられ、密漁被害の多いアワビやナマコなどの国産水産物や、違法・無報告・無規制(IUU)漁獲の恐れのある輸入水産物の国内流通を防止する。公布後、2年以内に施行される。

       ◇       ◇       ◇

 4日午後に開かれた参院本会議は、上月良祐参院農林水産委員長が原案通り全会一致で可決された委員会の結果を報告。衆院同様に①漁業者、漁協、流通加工業者および消費者などの国民全般への周知と十分な理解・協力②漁業者や流通加工業者の経営および地域経済に及ぼす影響への配慮③制度運用が関係者に過度な負担とならない電子化などの体制整備④違法外国漁船の早急な[....]