<魚食にっぽん[119]>今年の冬は「こなべ」

2020年12月21日

「こなべ」の一例「世界を旅するピリ辛スパイス鍋」。3種のスパイスで好みの味が楽しめる

 冬の風物詩の鍋。家族や友達とつつきながら温まる人気の飲食店メニューだが、今期は新型コロナウイルスがそれを許さない。鍋を楽しむにもソーシャルディスタンスの確保が求められる。そんな中で注目を集めているのが個別に楽しむ「こなべ」だ。㈱ぐるなびは今年の「トレンド鍋(R)」に楽しみ方のスタイルである「みんなでこなべ」を選定した。現在、全国の飲食店を対象とした「こなべ」日本一を決めるグランプリを開催している。同社営業企画部ぐるなび大学グループリーダーの小崎俊幸氏が「こなべ」をめぐる最新事情を語った。

       ◇       ◇       ◇

 近年、しゃぶしゃぶやすき焼きなどで一人鍋業態が増えていて、ぐるなび会員を対象とした夏のインターネット調査では、外食で鍋を食べる際に飲食店に求めたいことで「大鍋ではなく個別に取り分けた鍋で提供する」の回答が41・7%の支持を集めて1位だった。「こなべ」を食べてみたい人の数は76・6%に上った。2009年に創設した「トレンド鍋(R)」史上で初めて、[....]