<女性のチカラ>間世田真衣さん/王子サーモン?銀座店店長

2022年2月8日

間世田さん

 「サケってみんなよく知っていて好きな魚のはずなのに、あまり詳しく知られていない。王子サーモンをきっかけにもっと知ってほしい」と言うのは、王子サーモン(株)銀座店で4年店長を務める間世田真衣さん。2015年にリニューアルオープンした銀座店には「鮭のうまさ 鮭それぞれ」というコンセプトがあり、国産を問わずサケには多くの種類があり、それぞれの違いや味わいの違い、調理の違いでサケを選ぶ選択肢があることを知ってほしい、という。

 間世田店長自身、もともとサーモンどころか魚の専門知識もなく飛び込んできたこの業界だが、現在ではサケを捌くことも難なくこなすまでに上達し、LINEなどの交流サイト(SNS)を駆使してサケの情報発信も行う充実の毎日を送りながら「この仕事を選んでよかった」と思っているそう。「最初の頃は上司にもお客さまにも怒られてばっかりだったが、毎日魚を触って、味わうという私の体験を通した言葉としてお客さまにサケのよさをお伝えできるようになった」とも。[....]