<女性のチカラ>マル中G初女性部長/中央フーズ・野口美鈴さん

2021年7月14日

野口さん

 東京・豊洲市場で最大の水産卸会社である中央魚類(マル中)グループで初となる女性の部長が7月1日に誕生した。場内のホウスイ豊洲冷蔵庫を拠点として、関東近辺の大型小売店向けに水産物の仕分け・卸事業を展開している中央フーズ㈱(長本克義社長)管理部部長の野口美鈴さんだ。

 市場業界では、早朝のセリ場で華々しく活躍するセリ人が花形との認識がある。昼夜ほぼ逆転の生活で、百戦錬磨の仲卸業者や売買参加者と渡り合い、全国の産地から他社としのぎを削り荷を引く激務。女性セリ人が誕生しても長続きせず、花形は常に男性社員が占めているため、世間に比べて男社会の意識が強い。

 創業74年の中央魚類グループで、部長職以上に女性がいなかったのもそうした一面の表れ。しかし今回、管理部門ではあるが、前例が破られた。[....]