東京都、MEL水産物の販路開拓支援

2020年9月3日

都の主要魚種であるキンメダイ。八丈島・神湊港で

東京都は9月から、漁業振興の一環として、マリン・エコラベル・ジャパン(MELジャパン)認証水産物の販路拡大に乗り出す。来年に延期されたものの東京五輪・パラリンピック開催を契機に、持続可能な漁業を認証する水産エコラベルに注目が集まることが期待される。そこで認証水産物に関心のある外食・小売企業を洗い出し、生産者とのマッチングを行う。

       ◇       ◇       ◇

都内の漁業者は、東京五輪・パラリンピック大会への食材提供を目指し、2018〜19年にかけてJF東京漁連が取得者となり、主な漁業種類である「伊豆諸島とびうお流し刺網漁業」「小笠原諸島縦縄漁業」「伊豆諸島棒受網漁業」「多摩川しじみ漁業」「伊豆諸島一本釣り漁業」「小笠原諸島一本釣り漁業」「伊豆諸島タカベイサキ刺網漁業」「伊豆諸島採藻漁業」の8漁業でMELジャパン認証を取得した。[....]