地域色豊かな沖底漁業、産地の課題を全国で解決 

2022年6月6日

 沖底漁業は漁獲対象種や同じ海域を利用する他漁業との兼ね合いに対応するため、船型やトン数、操業形態など、地域ごとに進化を遂げて現在に至る。とはいえ、解決が困難な課題もあり、全国で共通した話題も少なくない。[....]