水経セミナー

秋サケ情報(岩手)/魚体が大型化

2014年12月3日

 岩手県の秋サケ漁は11月下旬も前年並みにとどまり、回復気配はうかがえなかった。ただ、魚体が大型化している分、重量での伸びがみられ、尾数では前年同旬を下回りながらも、重量ではプラスを維持している。

 11月21日から30日までの下旬10日間の沿岸漁獲量は89万8139尾、3043トンで、前年同旬と比べて尾数では3・9%減少したが、重量では6・1%増えた。魚体が3・39キロと前年の3・07キロより10・4%も大型化したため、重量換算での伸びが[….]

「岩手県の秋サケ漁獲情報」本紙参照