長崎の「茜鯛」復活へ/クラウドファンディングで

2021年5月21日

鮮やかな色が特徴の「茜鯛」

 長崎県の離島・青島でかつて養殖されていたブランドタイ「茜鯛」の生産を再開するため、クラウドファンディングが立ち上がっている。目標金額は500万円。18日現在で47万2500円が集まっており、締め切りは6月15日。企画を立ち上げた㈱まうまうの山口桂右代表取締役は、「『ブランド鯛』復活をぜひ応援してほしい」と呼び掛けている。

         ◇         ◇         ◇

 「茜鯛」は2015年から5年ほど青島で養殖されていたタイ。年間2万~4万尾程度を生産し、配合飼料にもこだわって作ることで鮮やかなあかね色とプリプリとした食感、甘みの強さなどで評価され、通常の養殖マダイよりも高い引き合いを得ていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり20年からは生産を断念。「茜鯛」の養殖技術を途切れさせないためにも、再開を目指している。[....]