臨海部の抜群の眺望、ラビスタ東京ベイ15日に開業

2022年4月8日

「ラビスタ東京ベイ」外観

 東京・豊洲市場と環状2号線を挟んで向かいの街区に、ビジネスホテル「ドーミーイン」やリゾートホテル「共立リゾート」を展開する㈱共立メンテナンス(東京・千代田区、中村幸治社長)が運営する、東京湾に面したアーバンリゾートホテル「ラビスタ東京ベイ」が15日に開業する。それに先立って5日、取引先含め多くの利用が見込まれる豊洲市場関係者向けの内覧会が開かれ、臨海部中心に都心が一望できる最上階の温泉大浴場や各種客室が公開された。

 共立メンテナンスのリゾートホテル事業は、眺望という意味の「ラビスタ」を同じく冠する「ラビスタ函館ベイ」が350室を抱えていて、函館の世界三大夜景はもちろん「セルフ海鮮丼」が代名詞の朝食バイキングが充実した施設として高い人気を博している。「ラビスタ東京ベイ」はそれを上回る、582室という同社最大の総客室数となる施設として開業する。[....]