沖縄・糸満漁港に閉鎖型市場新設

2022年4月18日

完成した新市場の荷捌き場内

 沖縄県が糸満漁港(糸満市)で整備を進めていた高度衛生管理型荷捌き施設(市場)の建設が3月末に終了し、4月14日、報道陣に公開された。徹底した衛生管理のもとで安全・安心な水産物を供給する県内初の大規模な閉鎖型施設で、県内外から年間5500トンの荷受を目指す。10月から運用が開始される予定だ。

 施設の敷地面積は2万4600平方メートルで、鉄骨2階建て。外からの粉塵や害獣の侵入を防ぐため、地面から70~80センチ高くしたほか、排水しやすいよう2%の勾配をつけている。[....]