柱状礁を全国展開、豊かな漁場創出へ

2020年9月2日

「漁港から近い漁場」の創出に成功している島根県隠岐の島町

 沿岸環境整備などを手掛ける㈱海中景観研究所(本社・松江市、伊良部善久社長)は、自社開発の藻場礁「柱状礁」の全国展開を始めた。広がりをみせる磯焼け対策と併せ、豊かな漁場づくりに向け活用を促す。

       ◇       ◇       ◇

 柱状礁は柱状構造が特徴的なコンクリートブロック。独特な形状が海藻を繁茂させる機能に優れていることで知られ、立体的な藻場空間を形成することで、魚介類のすみかも創出する。長年にわたる調査研究では、砂地に設置しても藻場が形成できることに加え、海藻が繁茂した状態を長期間にわたり維持し、ウニ類の食害を受けにくいことなどが明らかになっている。[....]