東京魚商青年部連合会、13人が「ととけん」受検

2020年11月19日

受検前の会場で健闘を誓った会員ら(東京魚商)

 東京・豊洲市場を仕入れ拠点とする鮮魚小売店の若手後継者でつくる東京魚商業協同組合青年部連合会(駒井栄蔵会長)はこのほど、2017年から恒例となっている日本さかな検定(ととけん、11月1日に開催)を団体受検した。今年は13人がそれぞれ1~3級に挑んだ。[....]