日本無線、中小型船向けレーダー発売

2020年6月9日

コンパクトで視認性に優れる中小型船向け船舶レーダー

 日本無線(JRC、本社=東京・中野区、小洗健社長)は、中小型船向け船舶用レーダーである「JMA-3400シリーズ」をこのほど新発売した。

 太陽光の反射を抑え、視認性に優れた12・1インチ液晶ディスプレーで、日本水路協会が発行する航海用電子海図参考図「ニューペック(new pec)」を鮮明に表示。中小型船の安全・安心な航行を支える。

 JMA-3400シリーズは、小型船に設置できるよう突起部を除き奥行き97・1ミリの省スペース設計を実現した。同社調べで12・1インチレーダークラスでは奥行きが最も小さい。

 画面部分は表示輝度が高く、一方で反射や映り込みを抑えた。直射日光の下でレーダー映像に海図を重ねて表示した場合でも、地形の把握が容易になる。[....]