愛媛のマダイ、東京で給餌/ウミトロン「うみとさち」

2021年7月16日

タブレット端末を用いたリモート餌やりに興味津々の参加者

 ウミトロン㈱(東京・品川区、藤原謙社長)は10日、協業する㈱フーディソン(東京・中央区、山本徹社長)が運営する魚屋「sakana bacca豪徳寺」の店頭で、自社がブランディングした養殖マダイ「うみとさち」のリモート給餌イベントを実施した。

 「うみとさち」は同社が開発したスマート給餌機「UMITRON CELL(ウミトロンセル)」を使って育てた養殖魚ブランドで、日本で初めて水産養殖管理協議会(ASC)認証を取得している。

 イベントでは愛媛県のマダイ養殖業者と連携し、ウミトロンセルのカメラでとらえられたイケス内を泳ぐ魚の様子をタブレット端末で動画配信。参加者は、専用アプリの開始ボタンを押すと遠隔地からでも給餌機の餌を投下できる仕組みを体験した。餌やりの間隔やスピードも自分で調整できる。[....]