奈須悠記・㈱陸水社長に聞く/次世代に残る水産業へ

2021年11月8日

販売を進めていくクエ

 大阪で陸上養殖を行おうと今年5月、㈱陸水(本社・堺市)を起業した奈須悠記社長に、進めている養殖の特徴と今後について話を聞いた。

 ◇今年4月末に大手企業を辞めたと聞きました。

 ◆奈須社長/堺市出身で、2015年に近畿大学の水産学科を卒業後、大手水産企業に就職。ブリやクロマグロ、サーモン養殖などに携わってきた。養殖担当としてノルウェーやオランダ、国内の養殖場なども視察してきたが、地元大阪で陸上養殖を行いたいと思い退社した。海面養殖の場合はどうしても天候や魚病などの影響を受けるが、そうしたリスクを減らせるのが陸上養殖だ。現在は岬町でトラフグとクエを育成している。次世代に残る水産業をつくりたい、陸上養殖業を確立していきたいと思っている。[....]