マグロの港街から新技術、気仙沼・小野寺鐵工所

2020年5月27日

ブランリール2SP試運転の様子。枝縄の釣り針に近づくと、手元のレバーで巻き上げ速度を落とせる。

船舶機関・機器のメンテナンス工事などを行う㈱小野寺鐵工所(気仙沼市、小野寺卯征社長)は、2段変速式ブランリールなど、漁労負担の軽減と燃油消費量の削減を可能にする新技術を開発。来年春に完成予定の改革型遠洋マグロはえ縄漁船に採用されることになった。[....]