スケソウ「サラダフィッシュ」登米で稼働トライデント

2018年8月7日

 トライデントシーフード・ジャパン(本社・東京都中央区、鈴木幸一代表)は、アラスカ産の良質なスケソウを用いたポーション(切身)製品の販路拡張を目指し、宮城県登米市に設立した合弁会社で来年から本格的な製造・販売に乗り出す。同社と登米市にあるオサベフーズ(澤英機社長)の合弁で、社名をトライデントオサベフーズ㈱とし、社長には鈴木幸一氏が就いた。 [....]