コンビニ既存重視へ転換、セブン社長決算会見で表明

2019年4月8日

 ㈱セブン&アイ・ホールディングス(井阪隆一社長)は4日、2019年2月期の連結決算会見を開き、最高営業収益を8期連続で、最高純利益を2期連続でそれぞれ更新したと発表した。一方、国内コンビニエンスストア事業は、24時間営業問題に対応し今期は新規出店計画を年間850店舗と500店舗以上抑制し、既存店支援の強化を図る。[....]