ウナギ情報/輸入活鰻の増勢続く

2022年1月21日

 直近2022年漁期(21年11月~22年10月)のシラスウナギ漁が、低調だった18年漁期の再来を思わせるようなスローな前半戦となっていることを受け、夏の需要期の流通量を確保するために国産活鰻がマーケットから姿を消し、代替として輸入活鰻の引き合いが強まってい

「輸入活鰻(中国・台湾)の年度別/月別輸入推移」本紙参照[....]