まき網サバ、ようやく1万トン超

2021年12月22日

銚子漁港に揚がったまき網サバ

 まき網漁業による北部太平洋漁場のサバ漁獲量が、20日に今季初の日産1万トンを突破した。漁港別で数量が最も多い銚子は6709トン(速報値)へ到達。ただし、船によっては3~4回の投網で積み上げた漁獲量であり、「主群をとらえた感覚ではない」と、来遊の遅れに言及する関係者もあった。まだ沖にいる主群の早期接岸と、一日でも多い水揚げが期待される。

◇      ◇       ◇

 同日は茨城・日立-鹿島沖に主漁場が形成された。400グラム前後を中心に600グラムアップも混じる。銚子漁港の浜値はキロ170~100円で平均147円。これまで割合の多かった300グラム以下が少なかったことで、安値でも100円を割らなかった。サバ以外の混じりは極めて少ない。[....]