JR東日本、鮮魚など列車輸送

2021年10月12日

列車から降ろされる鮮キンメダイ入り魚箱(東京駅)

 JR東日本は新幹線や在来線特急列車を利用した鮮魚、野菜、果物などの列車輸送を本格展開する。これまでの多くの実証試験輸送などを通じて需要が見込めると判断、新たなビジネスとして本格的に取り組む。輸送サービスの名称も「はこビュン」(商標登録出願中)と決め、今月1日から開始している。3~5年後には年間100億円の扱い高を見込んでいる。

       ◇       ◇       ◇

 新幹線による貨物輸送サービスは2017年からスタート。高鮮度水産物の産地から消費地などへの列車輸送は強みである高速性、定時性、安定性を生かした取り組みで、産地生産者、消費地量販店や外食、百貨店関係でも好評。地域経済活性化に対する期待も大きい。[....]