EU認定契機に/世界へ”松浦の魚”発信 

2022年4月18日

渡邉局長(中央)から認定書を受け取った松浦市長㊧と加藤組合長

 農林水産省は15日、東京・霞が関の省内で欧州連合(EU)向けの市場として長崎県の松浦市地方卸売市場松浦市場(運営・西日本魚市(株)、吉田光也社長)および水産食品取り扱い施設として日本遠洋旋網漁協(加藤久雄組合長)松浦第一製氷冷凍工場が認定を取得し、友田吉泰松浦市長と遠まき組合の加藤組合長にそれぞれ認定書を交付した。輸出・国際局の渡邉洋一局長から認定書を受け取った友田市長は「認定取得を手段として日本の魚、松浦の魚のおいしさを世界の人に広く知ってもらいたい」と、市を輸出拠点として盛り上げていきたいと「宣言」した。[....]