DAP情報/スリ身、フィレーとも低調な生産続く

2020年8月11日

 米国海洋漁業局(NMFS)が1日現在でまとめた米国DAP主要スケソウ製品の出来高によると、スリ身、フィレー類ともに前年同期の3~4割減の大幅減産となっている。

 Bシーズンのスリ身の累計は3万1959トン、前年同期比30・5%減。フィレー類は

「米国DAP主要スケソウ製品の出来高推移(2020年A・B=8月1日現在)」本紙参照[....]