<魚食にっぽん[161]>次世代へつなぐ「鰻愛」

2024年6月24日

クリックで画像を大きく表示します

第1回料理コンテストで最優秀作品に選ばれた「うなぎキンパ(右)」

 養鰻発祥の地である浜松市で、「鰻愛(うなぎあい)あふれる街を次世代につなぐ」を使命に漁協と教育機関が一体となり取り組む「うなぎの街」プロジェクト実行委員会(うなプロ)が、活動を加速させている。今年5月下旬、浜名湖養魚漁協と1大学3高校1専門学校の5教育機関が連携、本格的に組織化した。ウナギ食の継承とともに、感謝と活力が循環する「鰻登りの街」の実現を目指す。古橋知樹実行委員長(浜名湖養魚漁協アンバサダー、(有)フルハシ3代目)に話を聞いた。

  •       ◇       ◇

 今年で活動4年目を迎えたうなプロは、すでに連携していた浜松湖南高校に加え、浜松調理菓子専門学校や浜松学院大学、オイスカ浜松国際高校、聖隷クリストファー高校が活動に賛同し、今年度から連携したことで、組織実態を伴った実行委員会が正式に立ち上げられた。浜名湖周辺で養殖された「浜名湖うなぎ」への理解を深めるとともに、若い力やアイデアを取り入れ、地域活性化を加速させる。[....]