<魚屋新時代>サカナヤマルカマ・前編/“丸魚難民”のオアシスに

2024年5月27日

 (一社)鎌倉さかなの協同販売所が運営母体となるサカナヤマルカマは、「地域がつながるさかなの協同販売所」を目指し、鹿児島・阿久根市からの直送品や、小田原市漁港の〝朝どれ〟鮮魚などが並ぶ。郊外住宅地にどんな魚屋ができたのか。企画・広報を担当する狩野真美さんに聞いた。[....]