<成長のカギは技術にあり!>水研機構編⑧鈴木大智・研究員

2021年5月10日

 イカ釣り漁業は、夜間に漁灯で光をたくことで、スルメイカやアカイカなどを漁船の周囲に集めて釣り上げる漁業です。イカ釣り漁船の多くはこの漁灯にメタルハライド(MH)を使っています。しかし、その漁灯の点灯には燃油消費量全体の3割から4割程度を要します[....]