<クジラ探訪記③>花開く独自の鯨食文化

2021年12月23日

 安土桃山から江戸末期まで、唯一、欧米・中国交易の窓口となった国際都市・長崎は全国屈指のクジラ消費県でもある。江戸初期、北部九州で始まった「西海捕鯨」の集散地・東彼杵(「クジラ探訪記2」13日付)と当時の先端文化都市・長崎市を起源とする食文化が結び付いたと[....]