<ねり製品特集>消費動向・チクワ好調維持、12か月連続支出増加

2021年3月31日

 総務省が発表した家計調査報告(2人以上の世帯が対象)によると、直近1年間の一世帯当たりの魚肉ねり製品の支出金額は、2019年のカニカマブームを上回る勢いをみせている(20年2月~21年1月)。コロナ禍による内食需要が消費を喚起し、支出の減少傾向が続いていた[....]