魚食にっぽん[130]「釣りスピリッツ」プロデューサー・小山氏に聞く

2021年11月29日

sakana bacca豪徳寺店で「ぱくぱくキャンペーン」の一環として実施された離島フェアの様子

 ㈱バンダイナムコアミューズメント(川﨑寛社長)は、魚釣り体験ゲーム「釣りスピリッツ」上で釣れる魚が離島から自宅へリアルに届く「ぱくぱくキャンペーン」を9月6日~10月31日に実施した。大画面モニターを泳ぎ回る魚を「サオ型コントローラー」を使って釣り上げるゲームで、メダルを使ってロッドを選び、魚が釣れるとメダルを獲得できる。なぜ今回「リアルの魚」とのコラボに至ったのか。ゲームの生みの親であるプロデューサーの小山順一朗氏にインタビューした。

       ◇       ◇      ◇

 子供たちにゲームセンターで釣りを楽しんでもらおうと開発を始めた小山氏。しかし、サメやエイ(マンタ)などの大物を釣るとメダルを多く獲得できるようにした結果、子供たちが魚の価値をメダルで判断し、少ないメダル数を設定していた身近な大衆魚が軽んじられるようになってしまった。「魚本来の価値を子供たちに正しく魅力的に伝えなければ」と考え[....]