駿河湾の神秘、メガマウスの剥製登場/沼津港深海水族館

2020年7月22日

新たに展示に加わった駿河湾産メガマウスザメの剥製

 水産会社の佐政水産㈱(静岡県沼津市、佐藤隆是社長)が運営するアミューズメント施設・沼津港深海水族館で18日、2階展示エリア約100平方メートルが拡張オープンとなり、目玉の全長5メートル・推定体重1トン弱の幻の希少種メガマウスザメの剥製がお目見えした。市内の牛臥海岸に打ち上げられていたもので、佐政水産が引き取り500万円かけて剥製にした。

 拡張したのは、昨年7月にオープンした深海水族館に隣接するシューティングアトラクション施設の「ディープシーワールド」の2階。メガマウスザメの巨体が余すところなく見学できるよう広大なスペースが確保され、その巨体と名前の由来である大きな口を実感できる迫力ある展示となっている。[....]