養ブリ、過去最低水準/全海水調査

2021年11月29日

 全国海水養魚協会(全海水)がまとめた9月1日時点の養殖ブリの在池尾数は、全体で前年よりも26%少ない2892万尾だった。年数別でみると、今年春に池入れした1歳魚は過去最低のモジャコ(稚魚)の採捕尾数となったため1331万尾で、前年同期比30%減。新型コロナウイルス対策の補助事業の活用で消費が進んだ2歳魚は21・8%減の1538万尾、3歳魚は38・0%減の23万尾だった。

          ◇          ◇          ◇

 全海水が例年実施している9月の在池尾数調査では全体で3500万~3800万尾程度で推移しており、直近10年で3000万尾を切った年はない。

 1歳魚だけでみると2000万尾程度となる年が多いが、2020年の春は新型コロナの影響で池入れを抑えた業者が多く1900万尾と例年よりも少なめだった[....]