量販店・スーパー、販管費増で相次ぎ減益

2022年7月12日

 量販店・スーパーの上場企業大手の2023年2月期第1・四半期(3~5月)決算がこのほど出揃った。3月21日以降は新型コロナウイルスの規制解除となり、地方が拠点の企業中心に売り上げを伸ばしたが、巣ごもりによる食品への追い風がやんだ都市部の食品スーパー(SM)は、魚や肉の素材が売れない分、惣菜や冷食に力を入れたが及ばずに売り上げを減らしている。仕入れ原価の上昇や水光熱費・人件費などの販管費増で大半が減益に終わった。

       ◇       ◇       ◇

 イオン(株)のGMS事業は、営業収益7890億2200万円(前年同期比2・0%減)、営業利益1億700万円(前期は営業損失72億200万円)となった。GMS事業の第1・四半期の黒字化は14年2月期第1・四半期以来だった。惣菜や冷食強化、プライベートブランド(PB)「トップバリュ」の価格据え置きで集客したが、営業収益は前年に届かず。しかし、コスト構造改革・生産性改善の取り組み、抜本的な経費の削減で増益にもち込んだもよう。[....]