野崎 正平 氏(のざき・しょうへい=一正蒲鉾㈱顧問)

2020年12月3日

11月22日、誤嚥性肺炎のため死去、89歳。葬儀は近親者のみで行った。

喪主は同社社長で長男の正博(まさひろ)氏。後日お別れの会を開く予定。

 1965年に同社前身の新潟蒲鉾を創立。翌年、一正蒲鉾に社名を変更し、同社を代表するカニ風味カマボコ「オホーツク」などを販売。99年に会長、2017年に顧問に就任した。新潟県蒲鉾組合長や全国水産煉製品協会理事を務めるなど、ねり製品業界の活動にも尽力。12年に旭日双光章を受章した。