道秋サケ漁/前年比プラスも依然低水準

2020年9月29日

 北海道連合海区漁業調整委員会が25日に発表した秋サケ沿岸漁獲速報によると、全道の20日現在の漁獲尾数は前年同期比4%増の390万尾となった。前回速報(10日時点)から前年比プラスに転じたものの、依然低水準で推移している。魚価は高水準をキープし、漁獲金額は8%増の84億円となった。

          ◇          ◇          ◇

 各地の網が入り、漁が本格化した9月中旬(11~20日)10日間の漁獲は、前年同期比13%増の233万尾と前年を上回った。系統群別ではオホーツクが西部地区を中心に伸長。日本海も中部地区が2倍に伸びるなどし、プラスとなった。[....]