道漁連、北大と連携協定締結

2022年5月20日

協定締結後の記念写真。前列㊧から漁連の伊藤常務、安田専務、北大の都木研究院長、綿貫副研究院長。後列㊧から漁連の中村参事、山口常務、北大の細川副研究院長、藤森評議員(写真は道漁連提供)

北海道大学水産科学研究院と北海道漁連はこのほど、北海道水産業が抱える課題解決に向けて①水産科学技術の発展②水産資源の活用③地域・産業振興④教育人材育成―などに関する分野で連携協力する協定を締結した。16日、函館市内の北大函館キャンパスで協定締結式が行われ、北大水産科学研究院の都木(たかぎ)靖彰研究院長と道漁連の安田昌樹専務が協定書に署名した。

 都木研究院長は「北海道の水産業はサケやイカの不漁、赤潮の発生など危機的な状況にある。漁業だけでなく、加工や販売、観光業など、他産業への広がりという意味でもこのままにしておけない。水産学は水産業という産業を背景に発展してきた学問。地域に還元していく責任がある」と述べ、協定締結を機に、水産業の発展のために尽力する決意を表明した。[....]