道沖底漁獲の増勢続く、スケソウ、ホッケとも伸長

2021年4月6日

 北海道機船連のまとめによると、2020年(1~12月)の道内沖底船の漁獲量は主力のスケソウやホッケの増加から、前年比19%増加の19万3657トンと、4年連続で前年を上回った。一方、スリ身市況の伸び悩みなどを背景に平均単価は26%安のキロ62円とダウン、[....]