通関統計(2月)水産物輸入/高単価商品が減少も全体で前年並み

2019年3月29日

 財務省が28日に発表した2月の通関統計によると、1月に急増した水産物輸入は前年並みに落ち着き、その分金額は大きく減少した。1~2月累計では数量の増加を維持したが、金額は早くも前年同期を下回った。2月の輸入は16万2898トン、1169億2038万円で、前年の同じ月と比べて数量はわずか0・8%ながら増加を保ったが、金額は10・2%減と大きく落ち込んだ。

「輸入通関実績(主要品目2019年2月)」紙参照[....]