迫られた決断/東日本大震災10年検証② 昼夜問わず奔走

2021年3月2日

マルケン菊地商店は発災9日後に生産を再開した

 大津波が押し寄せ、壊滅状態となった地域で奇跡的に難を逃れた業者があった。宮城・女川町の場合、水産関連では4社。うち3社は鮮魚出荷・冷凍加工が専門で、即食できる市販品を作っていたのはカマボコの髙政だけだった。高橋正樹社長は自社が置かれた立場、果たすべき役割を[....]