迫られた決断/東日本大震災10年③事態進まず徒労感と焦燥感

2021年3月3日

クリックで画像を大きく表示します

石巻では毎週のように水産復興会議が開かれた

 宮城・石巻市の事業者が受けた打撃はひと際大きかった。魚市場への水揚げは全国指折りの数量。背後地にはそれでもなお「全く足りない」と訴えるほどの処理能力、つまりは大規模施設が林立していた。それらほぼすべてが津波で大破。約140か所で保管されていた原料・製品在庫[....]